東京松屋のお稽古・お教室
『古典花道講座』
講師:村井 孝行(むらい たかゆき)先生
講師プロフィール:1973年生まれ。古典花道研究家。「古典花道研究所」主宰。「風興の会」事務局。東京大学人文社会系研究科美学藝術学専門分野博士課程中退。主な研究主題は室町時代の花道伝書を中心とする日本中世藝道思想。古典花道及び花道伝書研究を故岡田幸三師に師事。花道伝書の翻刻として池坊専定「生花巻(文化七年相伝)」等。

日程:毎月第3土曜日
時間:13:30~15:30
会費:2,500円
会場:東京松屋インテリア和紙ショールーム・ショップ/4階庭園ホール

2018年『古典花道講座』スケジュール
01月20日(土)13:30~15:30
02月17日(土)13:30~15:30
03月17日(土)13:30~15:30
04月21日(土)13:30~15:30
05月19日(土)13:30~15:30
06月16日(土)13:30~15:30
07月21日(土)13:30~15:30
08月18日(土)13:30~15:30
09月22日(土)13:30~15:30
10月20日(土)13:30~15:30
11月17日(土)13:30~15:30
12月15日(土)13:30~15:30

 

この講座ではこれまで、古代から近代に至るいけばなの歴史的な流れについて学んできましたが、2017年からは『池坊専応口伝』『仙伝抄』などの花道伝書を読み進めています。2018年度は受講者の希望に合わせ、再び歴史的な流れを学びながら、内容を適宜調整しながら進めていく予定です。そのなかで花道史を知る上で重要な用語について学び、その歴史的・文化的背景についての理解を深めていきます。資料は基本的に古典文献の原文を使用しますが、語釈を付けていますので、古文・漢文に関する特別な知識は不要です。ただ、いけばなに関する専門用語がやや多く、古文・漢文で書かれた資料を用いることから、理解をより深めていくために花道史に関する基本的な文献や古語辞典などを各自で用意し、併用して学んでいく事をお勧めします。
古典を知ることで、古典いけばなだけではなく、現代のいけばなについても理解が一層深まるようになります。ぜひお気軽にご参加ください。

お申込みお問合せ:kotenkadou@gmail.com
または、東京松屋ショールーム・ショップ
TEL 03-3842-3785/FAX 03-3842-3820
Email showroom@tokyomatsuya.co.jp