2017〜201520142013201220112010200920082007~2006


 

2017.9.7
文化財選定保存技術保持者に唐紙師 小泉幸雄が認定


文化庁文化財選定保存技術保持者に小泉幸雄(唐紙師)が認定されました。
職人衆とともに江戸からかみの技術の保存、継承をはじめ普及活動に取り組んだ結果、この度このような名誉を賜り、協同組合一同大変喜んでおります。
これからも本物の技術を受継ぎ、後継者の育成に勤めながら、たくさんの皆様にからかみの美しさをご覧頂けますよう普及に励んでまいります。

・文化庁  選定保存技術の選定及び保持者の認定のページ(PDFをご覧下さい)
リンク

・小泉幸雄(こいずみゆきお) 
(江戸からかみ 唐紙師、唐源:<株>小泉襖紙加工所 代表、江戸からかみ協同組合理事)
(略歴)
昭和22(1947)年生まれ。「江戸の名工」といわれた初代小泉七五郎から数えて5代目、唐源3代目。江戸からかみの技術の継承の第一人者であった父親である先代 哲氏のもと、大学在学中の20歳の時から家業に勤しむ。
2人の息子、雅行(まさゆき)、哲推(あきお)も家業(<株>小泉襖紙加工所)に従事して、現在、親子2代で伝統を受継ぐ。
平成13(2001)年  経済産業大臣認定伝統工芸士。
平成14(2002)年  東京都知事認定伝統工芸士。
平成22(2010)年 東京都優秀技能者「東京マイスター」受賞。
平成27(2015)年 東京都功労者 受賞。 
平成29(2017)年 文化財選定保存技術保持者に認定される。
 
主なからかみ製作実績
・東京都 浜離宮恩賜庭園「松の御茶屋」 復元工事
・国宝(美術工芸品)「洛中洛外図屏風(上杉本)」裏面復元
・国宝(美術工芸品)「源氏物語関屋・澪尽図屏風」 裏面復元
・宮内庁三の丸尚蔵館所蔵 「秋草図屏風」(桃山時代 伝 狩野永徳筆)裏面復元
 ほか多数

 

 
 
 

2017.8.21
三越銀座店『初秋の愉しみ』


江戸からかみの秋の文様で貼り上げた あんどん型照明を各種取り揃えております。

会期:2017年8月23日(水)~9月5日(火)
時間:10:30~20:00
会場:三越銀座店7階グローバルメッセージ
三越銀座店7階フロアマップはこちら

 

 

 
 
 

2017.7.31
三越銀座店『紙と遊ぶ』


「紙と遊ぶ」をテーマに夏の涼やかな江戸からかみ文様の丸うちわ、はがきやカード、祝包みなどをご用意しております。

会期:2017年8月2日(水)~8日(火)
時間:10:30~20:00
会場:三越銀座店7階グローバルメッセージ
三越銀座店7階フロアマップはこちら

 

 

 
 
 

2017.7.10
ワークショップ
『江戸時代の版木で、自分だけの江戸からかみを摺ってみよう!』

夏休み!えどはくで伝統文化を体験

江戸時代の版木を用いて江戸からかみの木版摺りを体験します。
江戸からかみの作り方やその技にふれることができるワークショップです。職人さんと一緒に体験住宅に展示される作品を鑑賞し、江戸からかみの歴史や文化も学びます。同会場13~14時には、唐紙師・小泉親子による実演もございます。江戸からかみ協同組合は、第26回伝統文化ポーラ賞地域賞を受賞しております。

会期:2017年8月20日(日)午前・午後の回
時間:(午前の回)10:00~11:30  
   (午後の回)15:00~16:30
   (唐紙師の実演)13:00~14:00  
対象:小学生以上
定員:各回20名
参加費:無料
会場:江戸東京博物館 常設展示室5階ミュージアム・ラボ
実演:小泉幸雄、小泉哲推(江戸からかみ 唐紙師、唐源:小泉襖紙加工所)、
   江戸からかみ協同組合

申込締切:8月3日(木)消印有効
申込方法:往復はがき
申込お問合せ先:公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団 
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ第2五反田ビル
公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団 江戸からかみイベント係
03-3494-7653

主催:東京都 江戸東京博物館
特別協力:公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団
協力:江戸からかみ協同組合
公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団のページはこちら

 

 

 
 
 

2017.6.25
新見本帖「ひばり 第7集」


上質越前鳥の子和紙ふすま紙 総合集「ひばり 第7集」を発売しました。
総点数72商品[裾模様・総柄・無地(カラーバリエーション24色ほか)・伝統工芸品金銀砂子ふすま絵等]の豊富な和紙ふすま紙をご用意しております(定価1,700円(税別)/枚より)。
※「花あかり」は廃盤商品ですが、同商品の無地ふすま紙(カラーバリエーションシリーズほか)は「ひばり 第7集」に収録・継続販売しております。

詳しくは「商品」和紙ふすま紙のページへ→リンク

 

 
 
 

2017.5.22
「タカシマヤNIPPONものがたり」丸うちわ


「タカシマヤNIPPONものがたり」で更紗師の渋型捺染手摺りの丸うちわが
販売されております。

・[髙島屋限定]高橋理子デザイン「輪花(わっか)」丸うちわ(墨色/金色/淡水)
販売店:髙島屋日本橋店、新宿店、横浜店、大阪店、京都店(WAGOTO)
発売元:髙島屋

 

 

 

2017.4.3
タカシマヤNIPPONものがたり


「タカシマヤNIPPONものがたり」で更紗師の渋型捺染摺りの紙箱が
販売されております。

 ・[髙島屋限定]高橋理子デザイン「輪花(わっか)」三段入れ子箱(大/中/小)
 発売元:髙島屋

タカシマヤNIPPONものがたり特設サイトWEBはこちら

 

 

2017.3.27
伝統技術ワークショップ
浜離宮恩賜庭園『親子で江戸からかみを摺ってみよう』


会期:2017年5月20日(土)
時間:(午前の回)10:00~12:00(受付9:30~)
   (午後の回)13:30~15:30(受付13:00~)
定員:各回20名
参加費:1,500円(入園料別途)※事前お振込
会場:浜離宮恩賜庭園 芳梅亭(ほうばいてい) 
実演:小泉幸雄(江戸からかみ 唐紙師、唐源:小泉襖紙加工所 代表)

詳しくはこちら

 

 

2017.3.5
銀座三越『東京手仕事~東京アルチザン茶会~』


会期:2017年3月1日(水)~14日(火)
会場:銀座三越 7階ジャパンエディション
営業時間:10:30~20:00
銀座三越 WEBはこちら

 

 


 

2017.2.16
東武池袋店 全国伝統的工芸品展 『WAZA 2017』


会期:2017年2月16日(木)~21日(火)
会場:東武百貨店池袋店 8階
営業時間:10:00~20:00(※最終日は18:00閉場)
東武百貨店池袋店WEBこちら

 

 


 

2017.1.26
小学館『和樂』江戸からかみ 両面屏風


小学館 雑誌『和樂』(2017年2・3月号)「和樂の逸品 和樂的国宝ライフのすすめ」に江戸からかみ 3曲両面屏風が掲載されております。

P102,103「和樂の逸品 和樂的国宝ライフのすすめ」
職人たちの技が輝く 江戸からかみ両面屏風「光琳蔦波四季屏風」 
・2曲屏風:展開時最大幅960×H1500mm 215,000円(税別)
・3曲屏風:展開時最大幅14400×H1500mm 268,000円(税別)
・4曲屏風:展開時最大幅19200mm×H1500mm 322,000円(税別)


和樂の誌上通販商品のため、お問合せはこちら
和樂の逸品はこちら
和樂はこちら


 

2017.1.19
新宿タカシマヤ 『東京都伝統工芸品展』


会期:2017年1月19日(木)~1月24日(火)
会場:新宿タカシマヤ11階 催会場
営業時間:10:00~20:00(※最終日は18:00閉場)

新宿タカシマヤWEBはこちら

 
 

 

2016.12.26
伊勢丹新宿店『静かに美しく暮らす、ということ』


会期:2016年12月26日(月)~2017年1月3日(火)※1月1日、2日は店舗休業日
営業時間:10:30~20:00
会場:伊勢丹新宿店本館4階ウエストパーク

詳しくはこちら

 
 

 

2016.11.23
ナガエプリュス Rebornシリーズ


ナガエプリュスのRebornシリーズに 江戸からかみ「青海波」「亀甲文」が使用されております。

Rebornシリーズは、干支、立雛、達磨で四季折々のライフスタイルを彩り日本の歳時記を愛でるオーナメントコレクションです。
富山県高岡のナガエ工場の倉庫に何十年も眠り続けていた型を蘇らせたことで生まれました。
高岡の鋳造の技に金沢箔の職人が希少なプラチナ金箔と銀箔をほどこし、マットには越前の和紙に唐紙師が手摺りで作った「江戸からかみ」を採用。ご家庭でディスプレイしやすいサイズにもこだわりました。
日本の4つの産地の技から生まれ、時を経ても変わらない美を今のライフスタイルに合わせたサステナブルな特別なオーナメントコレクションです。

・干支(プラチナ金箔/銀箔):1セット10,000円(税別)
・達磨(プラチナ金箔/銀箔):1セット15,000円(税別)
 
発売元:株式会社ナガエプリュス WEBはこちら
商品のお問合せは、弊店 東京松屋ショールーム・ショップへお願い申し上げます。
TEL 03-3842-3785/FAX 03-3842-3820
Email showroom@tokyomatsuya.co.jp メールはこちら

 
 
 
 

 

2016.11.9
小学館『和楽12・1月号』江戸からかみ あんどん


小学館『和楽12・1月号』「東京手仕事」の特集に 江戸からかみ あんどん が掲載されております。

P246「東京手仕事」新たなかたちが暮らしを輝かせる 
のびやかな江戸の模様を光が映し出す「東京松屋」の明かり。
・江戸からかみ あんどん「篠笹」W320×D160×H325mm 25,000円


商品のお問合せは、弊店 東京松屋ショールーム・ショップへお願い申し上げます。
TEL 03-3842-3785/FAX 03-3842-3820
Email showroom@tokyomatsuya.co.jp メールはこちら

 
 

 

2016.10.8
JTCW 2016『HAREM×ニッポンの伝統工芸 江戸からかみ』


江戸からかみの実演と体験

実演:小泉幸雄(江戸からかみ 唐紙師、唐源:小泉襖紙加工所)
日時:2016/10/22(土)
   第1回 12:00~/
第2回 15:00~
会場:ローソファ専門店 HAREM(ハーレム)中目黒ショールーム

詳しくはこちら

 

 

2016.7.19
伝統技術ワークショップ
浜離宮恩賜庭園『親子で江戸からかみを摺ってみよう』


会期:2016年8月19日(金)
時間:(午前の部)9:30~12:00(受付9:00~)
   (午後の部)13:30~16:00(受付13:00~)
定員:各回12組24名
参加費:1組2,000円(材料費込・入園料別途)
会場:浜離宮恩賜庭園 芳梅亭(ほうばいてい)
実演:小泉幸雄(江戸からかみ 唐紙師、唐源:小泉襖紙加工所)

詳しくはこちら

 

 

2016.6.2
日本橋三越本店 『ジャパンマテリアル・ラボ』 江戸からかみ


会期:2016年6月29日(水)~7月12日(火)
時間:10:30~19:30
会場:日本橋三越本店 本館5階 スペース♯5

詳しくはこちら

 
 

 

2016.4.4
『Hanako』 江戸からかみ 表紙掲載

雑誌 マガジンハウス『Hanako』No.1107(2016/4/14号)の表紙に、江戸からかみ「小若松」が背景として使われております。
Hanako WEBはこちら

 
 

 

2016.2.9
ANA『WINGSPAN』江戸からかみ

ANA国際線機内誌『WINGSPAN』JANUARY 2016 の表紙と本文「Art Without Borders」江戸からかみ 東京松屋の記事が7ページに渡り掲載されております。
WINGSPAN WEBはこちら

 
 

 

2016.2.9
『CONFORT』江戸からかみ 

建築資料研究社『CONFORT』№148 2016 2月号「紙と壁紙の物語」江戸からかみ 東京松屋が掲載されております。
CONFORT WEBはこちら

 
 

 

2016.1.17
東武池袋店 全国伝統的工芸品展 『WAZA 2016』

会期:2016年2月18日(木)~23日(火)
会場:東武百貨店池袋店 8階
営業時間:10:00~20:00(※最終日は18:00閉場)

東武百貨店池袋店WEBはこちら

 
 
 

 

2016.1.17
新宿タカシマヤ 『東京都伝統工芸品展』

第59回『東京都伝統工芸品展』
会期:2016年1月13日(水)~1月18日(月)
会場:新宿タカシマヤ11階 催会場
営業時間:10:00~20:00(※最終日は18:00閉場)

新宿タカシマヤWEBはこちら